お宿 花かんざし

〒964-0074 福島県二本松市岳温泉1-104 tel.0243-24-2110

安達太良山の様子

当館よりお車で10分の安達太良山登山口。
そこからゴンドラで5分、一気に安達太良山の八合目までいけます。

安達太良山の山頂付近は例年より少し早く紅葉が始まりました。

見ごろは10月5日頃から20日頃でしょうか・・・

青い空の広がる岳温泉へ紅葉狩りにぜひお出かけくださいませ。

秋の空気がさわやかでとても美味しいですよ。
YAMA

2015年09月30日

十五夜

「中秋の名月」

DANNGO

お団子と大地からの収穫物をお供えしてお月様をお待ちします。

TUKI

 

今夜は岳温泉からも綺麗なまあるいお月さまが見えます。

お月見の宴の後は月夜のお散歩もおススメな岳温泉です。

2015年09月27日

目を逸らしてはならないこと

   幕末期の二本松、戊辰戦争で二本松城下を守るために散った幼い命がありました。
彼らは「二本松少年隊」と呼ばれ、わずか12歳~17歳の少年達で編成されました。

小さな体で、自分の身長より少し低いほどの重い刀、重い銃を手に、大人を相手に勇敢に戦いました。
どれほど怖かったことでしょう。どれほどお母さんの元へと帰りたかったことでしょう

もう147年も前の出来事になってしまいましたが、幼くして争いに巻き込まれて犠牲になった小さな小さな尊い命があることを私達は決して忘れてはいけないし、
その子たちが小さな胸に抱いた、郷土を愛する心と、家族を守りたいと願い振りしぼった勇気を私達は讃え、次の世代にも語り継いでいかなければなりません。

像少年隊

二本松少年隊像(霞が城公園)

 

そして世界中から争い事がなくなりますようにと切に願います。

7月29日の少年隊の命日を控え、二本松青年会議所のメンバーと二本松少年隊士が眠る市内各所のお墓の清掃をしてまいりました。

image2

image3

母に頼んで戎衣(戦場での着物)をはじめ、 手ぬぐいにいたるまで「二本松藩士 岡山篤次郎 十三歳」と書いてもらい出陣しました 「母が屍を探すときにわかりやすいように。字が下手だと敵に笑われる。」との 理由からだと伝えられています。

命の大切さ、ご先祖様への感謝の心を大切にしてゆきたいと思います。

7月28日には二本松少年隊顕彰祭・墓前祭が二本松市立霞が城公園・大隣寺で開催されます。

二本松少年隊の像(霞が城公園)

大隣寺の墓前にて

二本松少年隊について詳細は
↓↓↓

http://www.nihonmatsu-kanko.jp/syonentai.html

2015年07月25日

硬い派? 柔らかい派?

 

フルーツ王国、福島の桃のお話です。

桃というと人それぞれ硬くてシャクシャクと歯ごたえのある桃が好きか、それとも果汁滴るほどの柔らかい桃が好きか、好みが分かれますよね。

この時期になるとよく出る話題です。

私は断然、果汁滴るほどのやわらかーいとろとろした桃が好きです。

花かんざしのスタッフは約7割が硬い派でした。。。

そんな話をスタッフとしていたら
飯坂にある桃農家のお客様に桃をいただきました。
私たちの会話が聞こえていたかのようなタイミングでびっくりでした。
image1

いただいたのは早生品種の暁星というちょっと硬めの新鮮な桃。
なので私は少し時間をおいて柔らかくなったらいただくことにします。

こんな時、桃をどうやって保存してますか?
桃は冷蔵庫の中だと水分が失われて風味を損ねてしまいます。
直射日光の当たらない涼しめの常温で保存すると良いそうです。
そして、食べる2時間前に冷蔵庫に入れ冷やしておき、さらに15分前に冷水の入ったボウルで冷やすと甘みを最大限に感じることができ、色も茶色に変化しにくいそうです。

桃ってデリケートですね。

さて福島はいよいよ桃のシーズンです
福島の桃の多くは果実に袋をかぶせない「無袋」栽培がほとんどです。
そのため太陽の光をいっぱい浴びた桃はきれいな桃色に染まり甘みも強い美味しい桃に育つようです。

これからは
暁星⇒ あかつき ⇒ まどか ⇒ 川中島 ⇒ ゆうぞら等の順に9月上旬まで美味しい桃が楽しめます

詳しくは
http://www.f-kankou.jp/peach.htm
女将

2015年07月20日

たたかう観光農園「里山ガーデンファーム 二本松農園」さんへ

 

今日は「里山ガーデンファーム 二本松農園」に行ってきました。

全国の消費者との「顔の見える関係」を大切にされている農家さんです。

田んぼを見渡せる 丘より里山ガーデンファームの斎藤登さんと

田んぼを見渡せる
丘より里山ガーデンファームの斎藤登さんと

福島第一原発事故後、福島の農家さんがどのような歩みをしてきているのか、県産品を扱う宿としてもっと知っておくべきことがたくさんありました。

風評被害に負けず、放射能対策に取り組みながら、安全で美味しい農産物を生産する農家さんの頑張りに敬服しました。

収穫体験させていただいたキュウリはシャッキリみずみずしくて本当に美味しかったです(*^^*)

IMG_8100

無農薬、有機栽培なので、その場で食べても安心で美味しい

FullSizeRender

黄色が鮮やかきゅうりのお花

ご来園の際には看板わんこの風太君がお出迎えしてくれます。

イケメンならぬイケワンです。

イケメンならぬイケワンです。

こちらの農園では「スタディーファーム」と題して、様々な農業体験や放射能を農地から取り除く、有機除染体験などを積極的に受け入れられております。

このように消費者との交流を大切にしながら、風評被害払拭のために福島の今の状況の発信にご尽力されています。
すばらしい取り組みです。

 

詳細はこちらをクリック→http://www.farm-n.jp/

 

女将

2015年07月11日

3 / 512345

年間アーカイブ

旅色に紹介されました